ニコレットで気軽に禁煙スタート

禁煙は体に悪いです。長期間タバコを吸っていると、特に肺の病気にかかりやすくなります。タバコを吸う人は、タバコを吸わない人に比べて、肺がんになりやすいです。タバコを吸うと、気道の繊毛の働きが悪くなり、肺炎の発症率が上がります。また、タバコを吸うことで肺胞が壊れやすくなるケースもあります。肺胞は、1度壊れてしまうと、元に戻ることはないので注意が必要です。タバコに含まれる有害物質で有名なのがタールです。喉頭がんは、タールが喉を刺激すると発生しやすくなります。喫煙は、血管を収縮させて、動脈や静脈にも悪影響を及ぼします。また、勃起不全のリスクも高まります。タバコが健康に良くないのに禁煙できないのは、依存という壁があるからです。離脱症状に負けずに禁煙できるように開発されたのが、ニコレットです。ニコレットによるニコチン置換療法は、ニコチンを喫煙以外の方法で置換え、イライラやだるさなどのニコチン離脱症状を軽くします。これまでの生活習慣を改善して、ニコチンの摂取量を少しずつ減らして禁煙へと導きます。ニコチン置換療法では、喫煙時に比べてニコチンの吸収速度が緩やかなので、離脱症状を緩和できるのです。禁煙による離脱症状に悩まされるのは、禁煙を始めて1週間から2週間です。
ニコレットのホームページには、禁煙1週間チェックシートがあります。禁煙1週間チェックシートには、禁煙開始から1週間分のアドバイスや様々な対処法が記載されています。禁煙1週間チェックシートをプリントアウトして携帯すれば、どこにいても禁煙の経過の確認ができます。チェックシートを頻繁に見ることで、禁煙のモチベーションも上がります。急にタバコが吸いたくなったら、チェックシートに記載されている対処法が役立ちます。